医療事務の仕事内容

医療事務の仕事内容について解説しています。だいたいどんな仕事か想像はつくかもしれませんが、実際に病院受付業務をした事がある管理人の体験を元にしてどんな仕事内容なのかを紹介していきたいと思います。

 

管理人おすすめ HP等で探すよりも分かりやすい医療事務の現場を知る方法

 

実際の医療現場で求められているのは、いったいどんな人なのでしょうか?

 

公的資格を持っている人? 珍しい資格をいくつも取得した人?

 

いいえ、答えは「経験が豊富な人」です。

 

医療事務の仕事は専門性が高く、初心者がいきなりこなせる仕事というのはほとんどありません。
しかし、一から人を育てる余裕などない病院が多く、すぐに実務をこなせる人が何よりも求められます。

 

資格はないよりもあったほうが転職の際には有利だったり、お給料に反映されたりすることもあるようですが、実際にバリバリ働いている人の中には「資格なんて持っていない」という人も多いのです。

 

学歴もあまり関係がありません。いい大学を出ていなくても、専門学校で学んでいなくても、現場経験が豊富であれば採用してくれるところはたくさんあります。

 

ただ、初めての就職や、まだ医療事務従事者としての経験が浅い場合には資格は頼もしい武器ともなります。
実際の経験が未熟でも「その分野に関してしっかり勉強してきました」という証明になり、採用側からしても判断の材料になるからです。
ただし、大切なのは資格の名前ではなく「何を学んだか」という点。自分ができることをしっかりとアピールすることが重要です。

 

資格はあくまでプラスα。まずは経験を積むことを第一に考えましょう。

 

カルテ管理業務

 

医療機関においての、医療事務の仕事として、"カルテ管理業務"があります。
カルテの仕分け、回収、搬送が中心となり、看護師や医師の呼び出しに応じてカルテを運ぶメッセンジャー的な業務に携わる仕事内容です。

 

 

おもに、働く場所は病院内のカルテ室(診療録管理室)で、カルテの入出庫作業や搬送作業から、カルテ管理システムの登録作業まで、幅広く行います。
無資格でも求人はあり、仕事はできるようですが、医療事務に関する何らかの資格を所有していた方が、就職の際には有利になります。

 

また、導入が増加しているものの、扱える人材が不足している"電子カルテ"に関する資格もあります。
「電子カルテオペレーション実務能力認定試験」に合格すると、医療IT化に関する知識とオペレーションスキルの証明となり、就職・転職にも有利です。

 

学科試験においては、"電子カルテの基礎知識""電子カルテシステムの機能について" "医療IT化の基礎知識"などの出題範囲から問題が問われ、実技試験においては、"電子カルテの概念・ネットワーク、権限設定〜患者受付" "患者受付" "診療内容入力" などの出題範囲から問題が問われます。
実技問題では、専用の用子カルテソフトを使用して診療録を作成したり出力したりしますが、合格率は60〜80%と高く、きちんと学習して臨めば、十分に合格を目指すことができるようです。

 

電子カルテオペレーションを学べる講座はいくつかあり、レセプトコンピュータの知識を始め、最先端のIT管理システムを扱うために必要な知識を身につけることができるので、これから先の就職に有利になることでしょう。

 

「診療情報管理士」という資格も注目を集めています。

全国の病院においては、カルテなどの診療録管理の重要性が注目されており、1名以上の専任の診療記録管理者が配置されていることが要件となっているようです。
レントゲンや採血などの"検査結果"や、患者の診療内容や手術記録を記載した"電子カルテ"などの、「診療情報」に関わるものを管理するのが主な業務です。
こちらの資格は、大学や専門学校、通信教育で学習することで、資格取得を目指すことができます。

医療事務の主な仕事 レセプト作成業務

レセプトとは、医療費の患者負担分を差し引いた額を保険者に請求するための書類のことで、正確には「診療報酬明細書」と言います。

 

診療報酬は病院の収入の大部分を占めるもの。レセプトに間違いがあったりすると差し戻されて支払いが遅れるため、誤りがないように正確にレセプトを作成するのは必須です。

 

以前はレセプトは手書きで作成されていましたが、医療現場のIT化が進み、今では「レセコン」と呼ばれる専用コンピューターで作成するところがほとんどです。
手書きよりも大幅に効率は上がりましたが、入力自体に間違いがあっては大変なので、慎重さを必要とする意味では変わりがありません。

 

さらに大きな病院では作成したレセプトを書類ではなく、データをオンラインで提出するところもありますが、一般の診療所などではまだ書類による提出が主流のようです。

 

1か月分のレセプトは、翌月の10日までに審査機関へ提出しなければいけません。
1か月分すべてのレセプトをまとめ、まちがいがないように確認してからの提出となるので、レセプト業務は毎月初はとても忙しくなります。

 

その間も通常の診療は行われているので、特にレセプトの専門部署がないところではレセプト作成だけをやっている訳にはいきません。通常の勤務時間内の終わらずに残業になることも多いようです。

 

レセコンでの作成が主流とはいっても、医療事務資格を取得するための講座では仕組みを理解するために手書きでの作成の仕方を学び、資格試験も手書きの書き方が試されます。

 

レセプトの仕組みをしっかり理解していれば、入力情報の確認時に間違いに気づきやすくなります。
レセプト作成は、医療事務の中でも中心的な業務と言えるでしょう。