病棟クラーク業務

「病棟クラーク業務」とは、ナースステーションや事務室に常駐している事務員ですので、幅広い仕事内容をこなさなければなりません。
入院している患者さんの手術や検査などスケジュール管理、患者さんの入退院時の手続きや入院している診察内容のコンピュータ入力、カルテ・レントゲン・各種伝票などの情報管理、電話応対などを行う仕事内容となっています。

 

そして、病棟クラーク業務では、患者さんやその家族からの質問に答えてあげることも仕事内容となります。
もちろん、直接医療行為に関わる人材ではありませんので、詳しい治療内容や手術に関する質問は、医療スタッフが行うことが前提です。
しかし、病棟クラークもある程度の受け答えをしてあげることが必要ですので、医療知識が無ければ仕事にならないワケです。
ですから、講座を受講したり、資格を取得したりして、医療についての専門知識をある程度勉強しておく必要があります。

 

また、受付や窓口業務よりも、患者さんと接する機会が多いので、コミュニケーション能力が必要な仕事であると言えます。
手術や入院手続きに関することから、家族への対応までこなさなければなりませんから、幅広い専門知識とコミュニケーション能力を備えていなければ務まらない仕事です。
不安な患者さんを勇気づけてあげたり、家族の不安を和らげてあげたりできる人材でなければなりません。
さらには、医師や看護師などと連携して、医療行為がスムーズに行えるようにサポートできる人材でなければなりません。
責任感、コミュニケーション能力に自信があるという人は、病棟クラークを目指してみると良いでしょう。

 

病棟クラークに求められるスキルを磨くには、専門学校で学ぶのが最も良いようです。
病棟クラークの業務に役立つコミュニケーション能力はもちろん、医師や看護師との連携に必要な医療事務の専門知識を身につけることができます。

 

さらに、専門学校で医学基礎知識を習得して、「医療秘書技能検定試験」や「メディカルクラーク」の資格を取得しておくと仕事の幅が広がります。
併せて、資格取得を目指してみるのも良いでしょう。

医療事務をもっと知るなら、この方法が一番!

医療事務の仕事内容や資格について詳しく知るなら、【資格講座の無料資料請求】を本当にオススメします! 各講座の資料にはネットでは知る事が出来ない詳しい情報がたくさん掲載されています。
資格講座一括資料請求サイト『BrushUP学び』
講座を知る

BrushUP学び

資格についてもっと知りたい場合は、資格一括サイト『BrushUP学び』から資料請求が出来ます♪
ちなみに他の会社の講座も資料請求がまとめて可能ですので、大手講座(ユーキャンやニチイ学館等)含め各講座を比較してみて下さいね!

資料請求をすると医療事務の仕事内容や学習内容が分かります!
また、どういった資格種類があってどのくらいの難易度なのかも知る事が出来ます。
ぜひ活用してみて下さいね♪