調剤事務業務

「調剤薬局事務」とは、調剤のレセプト(健康保険組合へ医療費の請求)や処方箋の管理などの、調剤薬局において会計に関わる業務をおこなう仕事です。

 

調剤薬局事務として働くためには、「調剤報酬請求事務技能検定試験」を目指すことになります。
スクールや通信講座などで、調剤の基礎知識、医療保険の基礎知識、レセプト作成の基礎知識などを学んだ後に、試験に合格すると資格を取得することができます。

 

他にも、「調剤事務管理士」という資格があります。
現在では、診療を行う病院と薬を提供する調剤薬局において、「医療分業」が進んでいるそうです。
病院では医師が診察し、調剤薬局では調剤報酬など、会計に関わる業務の知識とスキルを備えた事務スタッフが必要とされています。
各種講座の人気も高いようですから、資格取得を目指してみるのも良いかもしれませんね。

 

調剤薬局事務の仕事は多岐にわたります。
薬局において、薬の発注や在庫管理、会計に関わる業務などの事務全般の仕事や、薬局によっては簡単な調剤補助なども行うようです。
つまり、薬剤師さんを全般的にサポートする人材であると考えると良いでしょう。

 

また、事務的な雑務も重要な仕事です。
処方箋の整理、薬品や薬価のデータの打ち込みなどの業務を行うことも、薬局の運営がスムーズになるためにとても大切なことです。

 

調剤薬局事務の仕事の流れとしては、まずは、「受付」「処方箋の受け取り」「再来の受付」などの、窓口業務があります。
薬歴簿(カルテのようなもの)の作成や、保険証の確認をします。

 

そして、処方箋をもとにコンピューターに入力を行い、調剤録を作成します。

 

続いて、処方箋に基づいて、薬歴簿に新たな処方内容を記入します。

 

最後に、処方内容に従って調剤報酬を算定して、患者さんの自己負担額を精算する、会計業務を行います。

 

あと、日常業務の他にも、1ヵ月分の調剤報酬を審査支払い機関ごとにまとめる「レセプト業務」というものがあります。

 

このように、調剤事務業務とは、日々の業務から1ヵ月単位の業務まで、幅広くて忙しい仕事内容となっています。
資格を取得すれば、薬剤師さんを支える重要な人材として、やりがいを持って働くことができそうですね。

 

医療事務をもっと知るなら、この方法が一番!

医療事務の仕事内容や資格について詳しく知るなら、【資格講座の無料資料請求】を本当にオススメします! 各講座の資料にはネットでは知る事が出来ない詳しい情報がたくさん掲載されています。
資格講座一括資料請求サイト『BrushUP学び』
講座を知る

BrushUP学び

資格についてもっと知りたい場合は、資格一括サイト『BrushUP学び』から資料請求が出来ます♪
ちなみに他の会社の講座も資料請求がまとめて可能ですので、大手講座(ユーキャンやニチイ学館等)含め各講座を比較してみて下さいね!

資料請求をすると医療事務の仕事内容や学習内容が分かります!
また、どういった資格種類があってどのくらいの難易度なのかも知る事が出来ます。
ぜひ活用してみて下さいね♪