受付・会計業務

受付と会計は、患者さんが病院に来て始めと終わりに接するスタッフです。よって「病院の顔」とも言える重要なポジションと言うことができます。

 

受付の仕事内容は、患者さんの保険証を預かり内容を確認することから、加入している保険によって負担額も変わってくるので大切な作業です。
初診はもちろん、毎月の保険証の確認も必須です。

 

患者さんに診察券を発行し、問診票の記入をしてもらいます。大きな病院では、その後受診科へ案内することが仕事に含まれることも。
受診を待っている患者さんが具合が悪そうだったり、容体が急変したりすることもあり、そのような緊急時に臨機応変に対応できる柔軟さや、フットワークの軽さも必要です。

 

会計は、最後に患者さんが払う診療費を計算・請求する業務です。
医師や看護師がカルテに書き込んだ診察内容に基づいて医療報酬の点数を算出し、そこから患者さんの自己負担分を計算します。

 

最近では院外薬局で薬をもらうケースも多くなっていますが、院内薬局から出す場合は投薬分の計算もします。
入院が決まった患者さんに対しては入院費の説明や、入院代を払うのが苦しい人には貸付制度などの説明を行う必要があります。

 

会計は専門的知識が不可欠で、ミスは許されません。

 

病院も近年では「サービス業」と言われるように、患者さんをお客さんとしてとらえた快いサービスが重要視されています。
患者さんに対して気持ちのよいきちんとした対応を取れることが、受付や会計業務に当たる人には求められています。

 

 

医療事務をもっと知るなら、この方法が一番!

医療事務の仕事内容や資格について詳しく知るなら、【資格講座の無料資料請求】を本当にオススメします! 各講座の資料にはネットでは知る事が出来ない詳しい情報がたくさん掲載されています。
資格講座一括資料請求サイト『BrushUP学び』
講座を知る

BrushUP学び

資格についてもっと知りたい場合は、資格一括サイト『BrushUP学び』から資料請求が出来ます♪
ちなみに他の会社の講座も資料請求がまとめて可能ですので、大手講座(ユーキャンやニチイ学館等)含め各講座を比較してみて下さいね!

資料請求をすると医療事務の仕事内容や学習内容が分かります!
また、どういった資格種類があってどのくらいの難易度なのかも知る事が出来ます。
ぜひ活用してみて下さいね♪