オペレーション業務

オペレーション業務とは、患者情報をコンピューターに入力したり、レセプトを作成するためにレセプトコンピューターへの入力作業を行うことです。

 

このようなコンピューターへの入力業務をまとめてオペレーション業務と言いますが、大きな病院などではレセプトの量も多くなるため、それぞれ部署が分かれていることも多いようです。

 

近年は多くの病院がIT化して、情報の管理はコンピューターで行うところがほとんどです。

 

患者さんの名前や生年月日などの個人情報から、保険証の種類、カルテや処方箋の入力などはすべてコンピューターに入力して管理します。

 

それらは患者さんの命に直接かかわることですから、入力ミスは許されません。コンピューターを扱うスキルはもちろんですが、医師が書いたカルテから内容を読み取る専門知識も必要となります。

 

カルテはドイツ語や略語で書かれていることも多く、書かれた内容を間違いなく読み取る知識は必須です。また医師それぞれの文字のクセなどもありますから、転職などをした際には、慣れるまでに努力が必要な場合もあります。

 

また、患者さんの個人情報が万が一にも流出することのないよう、情報の管理には気を使う必要があります。

 

オペレーション業務とは単にデータを入力すればいいということではなく、書類を正確に読み取り、間違いのないように入力する慎重さと正確さが求められる業務なのです。

 

医療事務をもっと知るなら、この方法が一番!

医療事務の仕事内容や資格について詳しく知るなら、【資格講座の無料資料請求】を本当にオススメします! 各講座の資料にはネットでは知る事が出来ない詳しい情報がたくさん掲載されています。
資格講座一括資料請求サイト『BrushUP学び』
講座を知る

BrushUP学び

資格についてもっと知りたい場合は、資格一括サイト『BrushUP学び』から資料請求が出来ます♪
ちなみに他の会社の講座も資料請求がまとめて可能ですので、大手講座(ユーキャンやニチイ学館等)含め各講座を比較してみて下さいね!

資料請求をすると医療事務の仕事内容や学習内容が分かります!
また、どういった資格種類があってどのくらいの難易度なのかも知る事が出来ます。
ぜひ活用してみて下さいね♪