調剤報酬請求事務専門士検定

調剤報酬請求事務専門士検定は、調剤薬局で調剤薬局事務の方が行われる調剤報酬請求事務に関する知識と技能を評価、認定する検定試験です。
試験に合格すると、調剤薬局において、薬剤師が十分に活動できるようにバックアップできる、優れた調剤報酬請求事務の専門家として認定されることになります。
近年では、薬剤師や調剤薬局事務員として勤務している人の受験が多くなってきているようで、それだけ難易度が高い資格であると言えます。

 

調剤報酬は、調剤薬局の収入の要ですから、調剤薬局によっては、毎月資格手当が支給されるということもあるようです。
ですから、資格を取得しておいた方が、給料面でメリットが出てきます。

 

民間資格で、受験資格に制限はありませんから、誰でも資格取得を目指すことができます。
3級、2級、1級の3階級の試験が実施されています。

 

3級の学科試験では、「接遇」「薬剤の基礎知識(薬物の使用目的、用法、用量、薬理作用)」「医療保険制度、調剤関連法規(医療保険の種類、医薬分業の流れ)」「調剤報酬請求(点数算定の正しい知識と解釈)」といった出題範囲から問題が問われます。
実技試験では、「レセプト明細書作成(処方箋3枚)」が問われます。

 

2級の学科試験では、「接遇」「薬剤の基礎知識(薬物の使用目的、用法、用量、薬理作用)」「医療保険制度」「調剤関連法規(医療保険の種類、医薬分業の流れ)」「調剤報酬請求(点数算定の正しい知識と解釈)」といった出題範囲から問題が問われます。
実技試験では、マークシート方式で、「レセプト明細書作成(処方箋3枚)」が問われます。

 

1級の学科試験では、「接遇」「薬剤の基礎知識(薬物の使用目的、用法、用量、薬理作用、副作用、禁忌、相互作用等の薬物知識)」「医薬品関連法規(調剤薬局における用語、理論、役割等)」「医療保険制度」「調剤関連法規(医療保険の種類、医薬分業の流れ)」「調剤報酬請求(点数算定の正しい知識と解釈)」といった出題範囲から問題が問われます。
実技試験では、マークシート方式で、「処方せん3枚の設問箇所点数を計算する問題」と、手書きによる「処方せん1枚調剤報酬明細書作成」が問われます。

 

調剤報酬請求事務専門士検定試験検定協会では、人材派遣会社や就職支援センターと提携して、就職支援を行っているそうです。
就職支援もバッチリですから、調剤薬局事務を目指して、資格取得をしてみてはいかがでしょうか。

 

また、詳しい仕事内容はこちらでも記載されています。

 

医療事務をもっと知るなら、この方法が一番!

医療事務の仕事内容や資格について詳しく知るなら、【資格講座の無料資料請求】を本当にオススメします! 各講座の資料にはネットでは知る事が出来ない詳しい情報がたくさん掲載されています。
資格講座一括資料請求サイト『BrushUP学び』
講座を知る

BrushUP学び

資格についてもっと知りたい場合は、資格一括サイト『BrushUP学び』から資料請求が出来ます♪
ちなみに他の会社の講座も資料請求がまとめて可能ですので、大手講座(ユーキャンやニチイ学館等)含め各講座を比較してみて下さいね!

資料請求をすると医療事務の仕事内容や学習内容が分かります!
また、どういった資格種類があってどのくらいの難易度なのかも知る事が出来ます。
ぜひ活用してみて下さいね♪